精神疾患の内容や治療法に関して書いていきます

繰り返し発症する疾患

悩む男性

根治を目指そう

うつ病は人によっては繰り返し発症をすることがあります。いわゆる反復性うつ病と呼ばれているものです。その原因は人それぞれです。反復性うつ病は一度罹患をすると完治をさせることが困難だと言われていますが、それでもしっかりと治療を受けることによって、根治を目指すこともできるようになります。専門のクリニックを探して受診をし、治ってきたと感じた時に通院を止めるのではなく、医師とよく相談をした上でもう通院をしなくてもよい、と言われるまで治療を受けるとよいでしょう。治ってきたかなという途中が最も危険だと言われています。原因を追究した上でその原因を完全に取り除くことを考えるのもよいですが、仕事上の人間関係などの場合にはすぐに転職をするというわけにはいかないこともあります。病気療養を理由にすることによって、長期的に休職をすることができるのであれば、了承をしてもらうとよいかもしれません。それでも人間関係を切らなければ完治は難しいと言えるでしょう。環境を変えることも考慮したほうがよいです。

反復性うつ病を発症した場合、ネガティブ思考に陥ってしまうことがあります。ですから極力1人にしないということも大切です。1人になる時間が多くなってしまうと、良からぬことを考えがちになってしまいますし、自分で自分を追い込んでしまう要因になってしまいます。反復性うつ病の原因になることが分かっているのであれば、その原因をどうしたら取り除くことができるのかということを自分1人ではなく、周りにも助けを求めた上で解決できるように尽力をしてみるとよいでしょう。専門医に相談をしてもよいですし、無理をしない程度に仕事をするのもよいでしょう。おかしいと感じた場合にはすぐに休むことができる環境を作っておくことも必要です。反復性うつ病は繰り返すということなので、少しでも普段と違う体調の変化を感じた場合には対処できるようにしておくとよいでしょう。可能であれば家族とともに過ごす時間を多く取るなど、一人にならないようにする、ということも必要です。そのためには理解を求めることも大切になります。