精神疾患の内容や治療法に関して書いていきます

精神科に行く前に知る事

院内

きっかけを探して治療に備える

病気の中でもうつ病などの精神的な病気は完治したかどうかを見分けるのが難しく、再発も多い厄介なものとして認識されています。うつ病は診断されて治療に当たり、症状の改善が見られても6割は再発してしまうと言われています。特にその中でも何度も症状の改善と再発を繰り返すものは、反復性うつ病と呼ばれており、通常の治療では対応出来ないケースもあるようです。自分がそうでないかと疑った時には、まず再発した原因を探っていく事にしましょう。反復性うつ病の厄介な所は、最初にうつ病と診断された時と原因が異なる場合も多いという事です。この事を知っておかないと、前にうつ病と診断された時の状況ではないからと、うつの再発とは思わず気付いた時は症状が重くなってしまう危険性があります。出来る事ならば、うつ病と診断されたら病院に通おうと思ったきっかけとなる症状を覚えておくと良いでしょう。反復性うつ病は、自分が初めにうつ病と診断された時の心身の不調も再発する事が多いです。そして何より、一度うつ病と診断されたら、自分が反復性うつ病にかかる可能性があるという事を頭に入れておく必要があります。

反復性うつ病になってしまう原因は以前のものと違う可能性があるという事と同時に、反復性うつ病にはタイプがあるという事も頭に入れておきましょう。抗うつ剤の効果が認められるがすぐにその効果が無くなってしまう、あるいは最初からあまり効果が見られないタイプ等、人によって違いがあります。また、抗うつ剤やカウンセリングの効果が部分的にしか見られず、一部の症状は改善するもそれ以外はそのままという患者も見られるようです。それに加えて、反復性うつ病になってしまった原因が以前のものと同じタイプ、原因が違うタイプがある等、画一的な原因と症状があるという性質の病気ではありません。そして何よりの特徴として、精神面の不調と併せて起こる症状が頭痛や疲労感等、他の病気と混同させてしまうようなものが多いという傾向にあります。反復性うつ病を克服するためには、こうした事を正確に把握している、頼れる精神科に通う必要があるでしょう。信頼出来る所を見つけて同じところに通う事は、反復性うつ病となってしまった際の対処の素早さという面でも役に立つからです。